実家Airbnbスタイル Vol.5に参加してきました。

こんにちは。古民家再生LABOのいしです。

先日、実家Airbnbスタイルの新年会(Vol.5)に参加してきました。
場所は今回も都内某秘密基地のグランピング風施設、ということで、、、

わくわくしながら屋上にたどり着くと、、、なんすかここは?

中から笑い声が聞こえてきたのでここだと思い中に入ってみると、上映会が開かれてました。

この前放映されたテレビ取材の録画なのでした。

別々に暮らしている実家の
お父さん、
お母さん、
おじいちゃん、
おばあちゃん、
きょうだい、
いとこ、
更にはご近所さん?

などを巻き込んでAirbnbのホストをすることで、
実家の空き部屋を有効活用したり、
家族との絆を取り戻したり、
ボケ防止に役立ったり、
街の活性化に役立ったりと、

メンバーが次々と実践することで様々な効能が確認されてきていて、それにメディアが気付き始めてきているようです。

今の民泊事情で最も足りないのは、ストーリーテラー(話し手)です。
ニュースとかでいい話があっても肝心な所で話がボケる、、、なんてことが数多くありました。

実家Airbnbスタイルでも、今後はより具体的な事例を紹介できるようになると思います。その覚悟がある人が今後は残っていくことになるでしょう。

そうそう、自分もがんばんなきゃですが。。

そんなことを思いながら気がつけば終電の時間、、、。自分は家が遠いので「早退」させて頂きました。

みんながあまりにも楽しそうでちょっと心残りだったので、実家Airbnbスタイルの実家分布図を作ってみました。実はもうこんなにあるんですよ。

*クリックしてもリンクはありません。

シェアする実家でまさにBelong Anywhere.

もし自分の実家もピンを立ててみたい、興味がある、という方はこのブログから連絡下さい。日本以外もオッケーです。

この素晴らしいアイデアを考えついたFounderのTさんがいなくって少し寂しかったですが、今度きっと昼間なら会えるでしょう。

いしでした。

The following two tabs change content below.

イシ

もう少しで取り壊すところだった実家の古民家(東京都町田市)を土壇場で再生し、貸しスタジオとして運用しています。2015年に「みんなの古民家」として開所して以来、様々なご縁に恵まれ、今では年間1000人を超える来場者に支えられるまでになりました。今後は再生だけでなく持続可能な古民家やそのネットワーク構築を目指して日々奮闘中。家族ぐるみのシェアリングビジネスに興味があり、シェアハウスの運営も行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

もう少しで取り壊すところだった実家の古民家(東京都町田市)を土壇場で再生し、貸しスタジオとして運用しています。2015年に「みんなの古民家」として開所して以来、様々なご縁に恵まれ、今では年間1000人を超える来場者に支えられるまでになりました。今後は再生だけでなく持続可能な古民家やそのネットワーク構築を目指して日々奮闘中。家族ぐるみのシェアリングビジネスに興味があり、シェアハウスの運営も行っています。