茅葺き屋根に思わぬ難所が!?

こんにちは。古民家再生LABOのいしです。

みんなの古民家では、現在茅葺き屋根の補修工事を行っているのですが、予算に限りがあるので少しずつ進めています。
*トップ画像は茅葺き屋根工事応援団長の「くろべえ」です。趣味は夜遊び。

今回は正面向かって右側となります。

ここだけとは言ってもレンタルスペースの営業収入の数ヶ月分が持って行かれるという現実。

でも工事が出来るだけ幸せと言った方が良いかもしれません。

そして、幸いなことに今月は1日も雨が降らず、作業は順調に進んでいます。

はい、昨日までは。。。

というのも、屋根の上に行けば行くほどキノコの残骸が多く、より深い所まで茅を交換する必要があるようなのです。

これがその犯人。

遠目から見ても職人さんの悩む姿がわかります。(勝手に撮ってごめんなさい)

普段私は地上で手元の作業をやるだけなのですが、少しでも効率よく進めるために、今日は屋根裏での針受けを行いました。

押え竹(おしぼこ)を固定したり足場を固定するのに、縄を下地の竹にくぐらせる必要な作業なのですが、その際に屋根裏に受け手がいる必要があります。

お互いが見えない中で作業をするので、コミュニケーションが大事です。方角の言い方も「右と左」だとさかさまになるので「東と西」とかにしてあらかじめ決めておくことが大切です。

で、実際に縄を通す針が結構エグい。。

分厚い茅葺き屋根も貫通できるように、全長は1メートル近くあります。

職人さん、針を通す際は大声で「針いくよー!」と言ってくれたので問題なかったですが、素人相手にここまでやらせてくれたのは感謝感激でした。

結局、効率よく出来たかどうかはわかりませんが、、、それでもどうにかこのラインは仕上げてくれました。

明日もまた上に向かって作業が続きます。明後日は雪?の予報が出てるので、明日中に行ける所までいきたいですね。

でも安全第一で。

いしでした。

The following two tabs change content below.

イシ

もう少しで取り壊すところだった実家の古民家(東京都町田市)を土壇場で再生し、レンタルスペースとして運用しています。2015年に「みんなの古民家」としてオープンして以来、様々なご縁に恵まれ、今では年間1000人を超える来場者に支えられるまでになりました。今後は古民家再生だけでなく、お家全般の再生にかかわることで持続可能な社会に貢献していきたいと考えています。 ・古民家レンタルスペースオーナー(東京町田・神奈川三浦) ・シェアハウスオーナー(横浜) ・Airbnbスーパーホスト ・古民家撮影/イベントロケーションコーディネーター ・不動産賃貸オーナー ・宅地建物取引士 ・住宅宿泊事業者 ・住宅宿泊管理業者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

もう少しで取り壊すところだった実家の古民家(東京都町田市)を土壇場で再生し、レンタルスペースとして運用しています。2015年に「みんなの古民家」としてオープンして以来、様々なご縁に恵まれ、今では年間1000人を超える来場者に支えられるまでになりました。今後は古民家再生だけでなく、お家全般の再生にかかわることで持続可能な社会に貢献していきたいと考えています。 ・古民家レンタルスペースオーナー(東京町田・神奈川三浦) ・シェアハウスオーナー(横浜) ・Airbnbスーパーホスト ・古民家撮影/イベントロケーションコーディネーター ・不動産賃貸オーナー ・宅地建物取引士 ・住宅宿泊事業者 ・住宅宿泊管理業者