古民家再生の世界にようこそ!

img_8500

はじめまして。みんなの古民家再生LABOのイシと申します。

古民家って最近よく聞きますよね。うちにも何十年も「使われなかった」古民家があります。

「使われなかった」ということは、今は「使われて」います。

そこは自分の実家なんですが、それはもうお荷物以外の何物でもない、ただ固定資産税を毎年払っている「茅葺(かやぶき)の母屋(おもや)」です。

母屋っていうのは、敷地内にある中心の家屋のことです。かつて中心だった母屋の隣に「便利な新築の家」が建ち、家族揃って引っ越した後「茅葺の母屋」は誰も住まなくなりました。

今から40年前のことです。

築150年なので、それまで110年は人が住んでいたということになります。

日本家屋は長生きです。40年人が住まなくなった位ではへこたれません。

 人が壊さなければ。

うちはたまたま壊す人がいなくて、そのまま残っていました。

「便利な新築の家」から次々に巣立っていった私を含むきょうだい達は、「あれだけは残したい」と腹をくくることにしました。

しかしその方法がない。。

困ったきょうだいの内の一人、私、いしは、ある日たまたま紹介された古民家再生のミートアップであるベンチャー企業に出会います。

そこが運命の始まりでした。

その後ここ1年で何が起こったのか、今、何が起こっているのか、そして、これからどんなことが起きようとしてるのかを、ここで綴っていこうと思います。

今の気持ちですか?とてもワクワクしています。

画像で表すとこんな感じですw

%e5%ae%b6%e6%97%8f900900

古民家を抱えてる人、これから買おうとしてる人、住もうとしてる人、色々いるとは思いますが、ぜひブームに乗っかるだけではなく、長い目で、できれば次の次の世代位まで考えてほしいと思います。

古民家はあなたよりも長生きです。

そのことを肝に銘じて。

ではでは、これからどうぞよろしくお願いします。

イシ

The following two tabs change content below.

イシ

もう少しで取り壊すところだった実家の古民家(東京都町田市)を土壇場で再生し、貸しスタジオとして運用しています。2015年に「みんなの古民家」として開所して以来、様々なご縁に恵まれ、今では年間1000人を超える来場者に支えられるまでになりました。今後は再生だけでなく持続可能な古民家やそのネットワーク構築を目指して日々奮闘中。家族ぐるみのシェアリングビジネスに興味があり、シェアハウスの運営も行っています。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    もう少しで取り壊すところだった実家の古民家(東京都町田市)を土壇場で再生し、貸しスタジオとして運用しています。2015年に「みんなの古民家」として開所して以来、様々なご縁に恵まれ、今では年間1000人を超える来場者に支えられるまでになりました。今後は再生だけでなく持続可能な古民家やそのネットワーク構築を目指して日々奮闘中。家族ぐるみのシェアリングビジネスに興味があり、シェアハウスの運営も行っています。